上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
SMAPの草薙君がテレビで告知している「地上デジタル放送」

「地上デジタル放送」が始まっているということはかなりの
認知度みたいですね。
もちろん「地上アナログ放送」が2011年に終了することも
認知されているようです。

では、地上デジタル放送では何ができるようになるのでしょうか?
いくつか挙げてみます。

1.画質・音声ともに高質なものが視聴できる。
2.データ放送を利用できる。
3.双方向データのやりとりができる。

1.デジタル信号というのは映像、音声を「0」と「1」の信号に
置き換えることでデータの送受信を送信局と自宅のテレビで行います。
そうすることで途中で信号が欠損する恐れが小さくなり、また欠損
した場合でも補正を自動で行うことで映像、音声のデータを受信します。

簡単にいうと、大雨の日に画面がちらつくなどの画像不良が起きない
ということです。

2.データ放送とはテレビ画面上で必要なデータを閲覧することが
できるものです。
たとえば自分が住んでいる地域の天気予報を見たいときに見る、
レッドソックスの松坂投手の今までの成績を見る、登板予定を
確認する、など自分がほしいデータを見たいときに見られます。

3.双方向データのやりとりとはたとえば見ているクイズ番組に
自分も参加する、紅白歌合戦の紅・白の投票をする、などです。

今までのテレビは「見る」だけでした。これが「使う」時代に
なってきたんですね。すごく便利な世の中になりそうな予感です。

ただ、ひとつ気にかけておかなければいけないことがあります。
それはテレビが高機能になればなるほど操作がややこしくなると
いうことです。
別に自分は大丈夫!という方もいるでしょう。でも自分のじいちゃん
、ばあちゃんはどうすか?
液晶テレビなどのリモコンを見てみてください。
今までのアナログテレビよりもかなりボタンが多いと思います。
その多くなったボタンのほとんどがデジタルに関するボタンです。

これを田舎のばあちゃんに「はい、使ってみなよ」って言って
すんなり受け入れられるでしょうか?

以前、このブログでパソコン弱者について書きました
テレビでも同じようなことが起きるのかもしれません。
田舎の人はなかなか遊びにいく場所がなくって、特に年を召された
方は家の中でテレビを見る機会が多いかと思います。

そのテレビが操作しにくくなるというのは結構つらいことだと思います。

生活が便利になることはいいことだと思います。
でもそこまで必要でない人もいる、利用しきれない人もいる、ということを念頭に置いたサービスの提供が必要だと思います。

自分たちは若いうちに慣れていき、年をとっても慣れで利用することができるように
なると思います。
でも今高齢な方は本当に大変です。リモコンを触るのを怖がります。
デジタルの高機能なんて使わなくてテレビ見られるんです。
怖がらなくっていいんです。

それをわかってもらえるよう案内してほしいです。
スポンサーサイト

2007.06.17 Sun l [宮崎]ネタ l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://pickupwriter.blog95.fc2.com/tb.php/17-70c10270
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。